韓国産ロケット計画延期に国内失望の声!期待する程の物ではない打ち上げ花火ww

https://youtu.be/4oh6df4xegQ
令和のおっさん
令和のおっさん

まいど!令和のおっさんです!

 

宇宙開発ではアジア圏でも圧倒的に遅れをとっている韓国やけど
またもや韓国産ロケットの打ち上げが延期となり、韓国国内では失望の声が高まってる様ですわ
では今更失望してもしゃーない記事はこちら!

 

朝鮮日報の記事から

韓国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ、来年10月に再延期

 

対日政策同様、政権交代の度に扱いがコロコロ変わる韓国では発展は難しいのでしょうかなぁ?
ほな残念な記事見てあげましょう

韓国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ、来年10月に再延期

 

令和のおっさん
令和のおっさん

韓国型ロケット「ヌリ」が当初の計画よりそれぞれ8ヵ月、7ヵ月ほど遅れた
来年10月と2022年5月に打ち上げられる。
国家災害·安全対応能力の強化と未来の移動通信パラダイム転換に備えるための
静止軌道公共複合通信衛星「千里眼3号」が2027年の打ち上げを目標に開発される。

科学技術情報通信部は29日、第18回国家宇宙委員会を書面で開き、
この様な内容を盛り込んだ「韓国型ロケット開発推進現況および今後の計画案」と「静止軌道公共複合通信衛星開発事業計画案」を確定した。

韓国型ロケット発射時期は、当初の来年2月と10月から来年10月と22年5月に変更した。
「十分な準備による打ち上げ成功の可能性を高めるため、打ち上げ日の調整が必要だ」という担当評価団の決定を反映した。
産学研の専門家15人で構成された担当評価団は9月から3カ月間、今後の開発日程を総合点検した。

その結果、打ち上げ成功率を高め、安定的な開発のため、
1回目の打ち上げは来年10月、2回目の打ち上げは22年5月に可能だという結論を下した。

ヌリ号は、推力75トンエンジン4基を結合(クラスタリング)した1段と、
75トンエンジン1基の2段、7トンエンジン1基の3段で構成される。
現在、第2段は認証モデルの組み立てを完了し、第3段は認証モデルの組み立てと性能確認まで終えた。

最も大きな推力を出す1段部は75トンエンジン4基がクラスタリングされた構造で体系の複雑性が高く、認証モデルの開発まで分解と再組み立てを繰り返す過程を経なければならない。

 

 

 

令和のおっさん
令和のおっさん

1·2·3段目を組み立てて電気体(ILV:Integrated Launch Vehicle)を作る過程と、
極低温環境で気体の健全性を確認する作動実験(WDR)のために時間が追加されると、科学技術情報通信部は説明した。

ヌリ号は政府が2010年から総額1兆9572億ウォンを投じ、
韓国で初めて独自開発してきた韓国型宇宙ロケットで、1.5トン級の実用衛星を高度600-800キロの地球低軌道に投入できる性能を備えることになる。

今年6月に予備妥当性調査を通過した静止軌道公共複合通信衛星(千里眼3号)開発事業には、来年から7年間、4118億ウォンが投入される。
2027年下半期の打ち上げが目標だ。
科学技術情報通信部(科技部)が2600億ウォン、国土部が533億ウォン、環境部が502億ウォン、海洋警察庁が483億ウォンを投入する多省庁事業だ。

千里眼3号衛星本体は、化学燃料の搭載量を減らし、
本体の搭載容量を増やせる電気推進システムと衛星の位置誤差を
大幅に減らすことのできる高性能グローバル衛星航法システム(GNSS)受信機を適用して開発する。

千里眼1号が使用中のKa帯域軌道周波数を受け継いで大容量の公共通信中継を担う「広帯域通信搭載体」とL帯域周波数で河川水位情報を中継する「情報収集搭載体」、GPS位置情報精密補正信号を中継する「衛星航法補正搭載体」など
通信搭載体3種は海外諮問を受けて国内主導で開発する。

政府は千里眼3号を今後の水災害監視、海洋警察活動支援、災害地域の緊急通信支援など災害·安全対応支援とGPS位置補正信号の提供、
未来の衛星通信技術のテストベッドの役割などに活用する計画だ。

科学技術情報通信部のイ·チャンユン局長は「研究陣が技術の難題に接するたびに
効率的な開発方法を模索するための多くの試行錯誤を経て核心技術を学び蓄積している」とし「来年の本打ち上げを控えて研究陣と関連産業体が力を入れて開発に邁進しており、政府も積極的に支援する予定」と述べた。

この記事に関するネットでの反応を見てみましょう

【韓国の反応】

韓国GPS衛星構築事業が一日も早く行われなければならないのに…

韓国の軍事衛星構築事業も早く実現しなければ成らない

中国と日本は朝鮮半島を24時間監視して偵察するこの現実で

韓国は急がなければ成らない

ロケットの様な軍事技術の核心はお金払って買えるものじゃない

アメリカが邪魔さえしてこなければ・・

黙々と前に進んでいく研究員や

企業の皆様に拍手を差し上げます

試験ロケット成功の感動を

来年10月にもう一度感じることを期待します

発射を延長するのか

日程を合わせたことがないね

日本のロケット技術が進んでいて、我々は遅れていると恥をかいて居たけど、日本は1970年代にアメリカがロケット技術を無償ですべて教えてくれたそうだよ、日本もいつも失敗ばかりしてアメリカに技術をもらってそのまま成功したんだ

 

 

この記事によるおっさんの感想やけど

令和のおっさん
令和のおっさん

韓国型ロケット「ヌリ」の開発が再び延期になったことを受けて、韓国国内では失望の声が広がってるとの事やけど
何を期待すとるんや?ってのがおっさんの率直な意見や
まぁ仮に打ち上げたからってどないやねんって話じゃないやろか?

第二次世界大戦後から世界の宇宙開発を牽引してきたアメリカとロシアや平成に入って以降、長期的に宇宙開発に力を入れてきた日本やけど
近年急速に資金と人的資源を投入している中国と違い、韓国の宇宙開発の歴史は決して順調とは言えまへんわ

対日政策でも同様の事態が起きとるけど韓国は政権交代の度に国の方針が180度変わってまうため、国家予算規模での宇宙開発を継続して行うことができのやろなぁ

前の政権が宇宙開発に力を入れていたとしても、数年後にはその研究実績を「税金の浪費」かのように吊るし上げ、研究を無理やり中断させるようなことも少なくありまへんわなぁ

まぁこんな感じで全部が中途半端やさかいにその時の思い付きやテンションで物事すすめるさかいにこんな気分屋国家とまともに付き合いできる国があるんやったら教えて欲しいわ
ニワトリみたいに振り向いたらもう前の事忘れてるさかいに今日の記事は韓国ニワトリ物語でした~
コケコッコ~

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします。
おっさんと友だちになると、おっさんの謎な部分が少しわかるぞ!

※注意:おっさんの謎を知るにはLINE登録が必須です。
こちらから 令和の反撃!LINEに事前にご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40929otuje

ID検索の場合はこちら▼
@929otuje(@もお忘れなく)

※もしLINEのアプリをインストールされていないのなら、iPhoneならAppleStore、
    Androidなら、google play storeで「LINE」と検索して、インストールしてください。

※インストールしたあとで、上記のURLをタップして、友達追加をしてもらえれば、完了です。


政治経済
スポンサーリンク
令和の反撃!あなたの番です
タイトルとURLをコピーしました