韓国が即座に反応?日本の環境対策で2030年までに日本ではガソリン車を撤退するが韓国は…

https://youtu.be/5b_ITDZGGY0
令和のおっさん
令和のおっさん

まいど!令和のおっさんです!

 

今日はおっさんの得意分野車の話題ですわ~
なんでも環境対策の為に日本でも近い将来ガソリン車の撤退を促進するという流れになってるそうですわ
この動きにま~た反応したのが韓国ですわ
ではその記事はこちら!

 

NAVERの記事から

世界は「脱ガソリン車」の流れ…日本も新車販売禁止推進

 

無意味とも思える環境政策を数多く掲げて来た文政権やけど菅政権に移行し、バイデン氏の当選が確実視され始めると、日本の環境政策も
大きな転換期を迎えることになりそうやけど韓国国民はどのように見てるんか記事見ていくで~

世界は「脱ガソリン車」の流れ…日本も新車販売禁止推進

 

令和のおっさん
令和のおっさん

日本が2030年代半ばまでに新車市場でガソリン車を撤退させる政策を推進することにした。

NHK放送は「菅義偉首相が2050年までに温室効果ガス排出をゼロにすると発表した政策の一環として、ガソリン車の新車販売を2030年代半ばに全面禁止する案を検討している」と3日、報道した。
ガソリン車と軽油車は、微細粉塵発生の代表的主犯といわれている。
経済産業省は今月10日、自動車メーカーの関係者らと会議を開いた後、
このような方針を発表する予定だ。

日本はこれまで新車市場でガソリン車の比率を2030年までに30~50%に下げるという目標を発表してきただけで、販売禁止時期を提示したのは今回が初めてだ。
日本で昨年販売された新車(乗用車)は430万台で、61%(261万台)をガソリンとディーゼル車が占めた。
残りのうち約30%がハイブリッド車(HV)で、電気車(EV)の比重は0.5%水準にとどまった。
電気車の販売が低迷しているのは、充電設備が足りない上、トヨタなど主力自動車メーカー各社が、ハイブリッド車に力を集中させてきたからだ。

日本政府は電気車の販売を引き上げるため、これまでガソリン車・ハイブリッド車にのみ適用してきた燃費規制を拡大する方針だ。
これを受け、電気自動車も2030年までに燃費を現在より30%さらに改善しなければならない。
政府は業界の技術革新を引き出すのはもちろん、ガソリン車から電気車への販売を促進するという構想だ。
0.5%にとどまっている電気車の新車販売の比重を2030年20~30%まで増やす計画だ。

 

 

 

令和のおっさん
令和のおっさん

ガソリン車を市場で禁止する動きは、世界的に拡散している傾向だ。
英国は2030年までにガソリン・ディーゼル車の新車販売を禁止し、
2035年までに禁止対象にハイブリッド車も含めることを先月決定した。
また、米カリフォルニア州は2035年までに、フランスは2040年までにガソリンを燃料に使う新車の販売を禁止するという方針を決めた。
中国でも自動車専門家団体が、2035年までに電気車など新エネルギー車の販売比重を現在の5%未満から50%水準に高め、ガソリン車を新車市場からなくすという目標を提示した。
韓国も大統領諮問機関である国家気候環境会議が先月23日、
2035~40年にガソリン車の販売を中断することを提案した状態だ。

欧州の主要都市は、一足先に動いている。
ガソリン・軽油など内燃機関の車両を退出させるため、税金、通行制限、車両交替、補助金支援など多様な政策を取っている。
ベルギーのブリュッセル市当局は、2030年まで市内で軽油車やガソリン車が運行できないようにする計画だ。
スペインのマドリードは、2000年以前に生産されたガソリン車と
2006年以前に生産されたディーゼル車の市内接近を昨年から制限した。

NHKは、日本政府がこのような動きに遅れて参加したのは、
「世界的に進んでいる『脱ガソリン』の流れを主導していくという意味」と分析した。

ではこの記事による韓国人の声を見てみるで~

【韓国の反応】

本当に呆れた
原発廃水は放流計画しておいて

ガソリン車が公害犯だって!?

日本、お前らが環境に気を使うなら、

原発廃水を海に捨てる計画から取り消せ

韓国はディーゼルに熱狂中

寒波に電気車がどれほど脆弱かを知っていれば

ガソリン車をなくすという話はしないはずだが

下手についていこうとせず、インフラから整えよう
外国と韓国では、住居形態から違いがあまりにも大きい
住居形態の50%がマンションである韓国が

急いでついていこうとしたら

充電所で2、3時間待つことも頻繁に起こるだろう

 

この記事によるおっさんの感想やけど

令和のおっさん
令和のおっさん

日本でも「脱ガソリン」など、新エネルギーを率先して導入する方針が固まって来たようでんなぁ

この背景には、環境政策より経済政策を重視して来たトランプ政権が撤退濃厚であることと世界的な環境問題への危機感

菅政権という新しい節目を迎えるなど、様々な要素が後押ししたようやけどアジア諸国では環境政策に対し、突出して熱い志を持った文政権はこの日本の変化をどう捉えてるんやろなぁ?

日本も本腰を入れ始めたクリーンエネルギー政策やけど、自動車産業に日本が本格参入することになれば、現代自動車などにとっては非常に脅威となりうる存在ですわなぁ

既に現代自動車の電気自動車であるコナ・エレクトリックは爆発、発火事故が相次いどるし

現在、電気自動車用の韓国製バッテリーの世界的なリコールが起きるなど韓国の電気自動車産業の信頼は地に落ちつつある状況でっせ~

まぁ日本が環境政策と言い出せばその前に原発の処理水なんとかせ~って必ず出てくるのも毎度の事でんなぁ

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします。
おっさんと友だちになると、おっさんの謎な部分が少しわかるぞ!

※注意:おっさんの謎を知るにはLINE登録が必須です。
こちらから 令和の反撃!LINEに事前にご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40929otuje

ID検索の場合はこちら▼
@929otuje(@もお忘れなく)

※もしLINEのアプリをインストールされていないのなら、iPhoneならAppleStore、
    Androidなら、google play storeで「LINE」と検索して、インストールしてください。

※インストールしたあとで、上記のURLをタップして、友達追加をしてもらえれば、完了です。


政治経済
スポンサーリンク
令和の反撃!あなたの番です
タイトルとURLをコピーしました