新型コロナウイルス 感染症患者数マップ!“国内の感染状況が一目でわかるサイト”

新型コロナウイルス 感染症患者数マップ!“国内の感染状況が一目でわかるサイト”
令和のおっさん
令和のおっさん

まいど!令和のおっさんです!

 

新型コロナが国内でえらい

スピードで感染しとるようですわ

そこで今日は皆さんに見てもらいたい

サイトがあるさかいに紹介しますわ~

新型コロナウイルス 感染症患者数マップ!
“国内の感染状況が一目でわかるサイト”

令和のおっさん
令和のおっさん

早速紹介したいサイトを

皆さんに見てもらいたいんですけども

こちらのサイトですね


都道府県別新型コロナウイルス

感染症患者数マップっていうサイトなんですけども

これはそのままですね

一目瞭然で国内の感染者が分かるというサイトです

現在ですねおっさんが今動画を撮影してる

タイミングでは国内感染者145名

実際に発症した方が

129名いらっしゃるということなりますね

国内の無症状ですね

熱も出てないし咳も出てないね

健全者のような形なんですけども

実際にはコロナウイルスに侵されてるという方が

16名いるとあと残念ですけども

亡くなられた方が1名いますって言う見方ができます

亡くなられた方は先日おっさん記事で

言ったと思うんですけども

80歳の女性だったかな

その方が亡くなったということなので

今回懸念されてるのはですね

やっぱり高齢者のその免疫力が低い方に関しては

やはり死亡っていうのは

やっぱり出てしまうっていうことなんで

おっさんも筆頭に年配の方はね

ちょっと大変気をつけて頂きたいかなと思います

こちらですね受診都道府県別で何か出てるんですけど

要はこれはあれですね

病院に受診された方の人数なのかなって

ちょっと 具体的には分からないんですけども

各都道府県ごとにですね数字が出てるのでおそらく

受診となっているので

お医者さんにかかった方の人数かなと思いますね

感染された方の居住地域の人数も出てますので

これも参考にしていただければと思います

こちらですね

こちらは青いのが青いグラフが感染者累計

赤はもう1名だけなんでどこか分からないですけども

死亡者累計このグリーンですね

緑の方が退院された方の累計数となっていますので

まあ日に日に退院されている方も多い中

感染者の方が 上回ってるという状態で

嫌な右肩上がり状態ですね

こういう状態になってますので

これは本当におっさんちょっと

他人事じゃないなっていうのが思いましたんで

このサイトを皆さんに活用していただいて

ここですね

ここを見て頂ければすごく分かりやすいと思います

大阪に住んでるので大阪で例えて言いますとですね

大阪のこのエリアどこになるのかな

これは大阪の梅田あたりなるのかな

ちょっとはっきりとはわからないけど

まぁこのエリアで感染者がいてますよって

いうのが出てるので

ここからどんどんどんどんね

増えていく可能性があるという危険性があるので

外出する時には特に注意していただきたいと

皆さんのお住まいの

エリアのところを見ていただいて

しっかり確認していただければ

近くに感染者がいるかいないかっていうのは

これですごくわかりやすく作ってくれてますので

これは活用して

いただければいいかなと思います

やっぱり関東はこの前のクルーズ船の問題で

多くなってしまってるのは

もう仕方ないかなってのはありますけども

関東も多いですし

これ東京のど真ん中になると思うんですけどね

ここに感染者がたくさんいるということなんで

都心部に住んでる方は気をつけてください

北海道もこうやってもまばらなんですけどね

点々と感染者が確認されているようなので

北海道の方もね本当に気をつけてください

青森とか秋田とか岩手とかでこの辺で

東北地方の方はもう全く問題ないんですけども

油断大敵という言葉あるように

ほんと 外出る時は気をつけてください

次はですね 韓国ですね

お隣さんの状況も確認できます

おっさんの操作が分からないんですけども全てもうね

向こうのハングル文字なんで

何て書いてるわからないんですけども

これが多分亡くなった数だと思います

これが感染者になるのかちょっとわからないですよね

多分一番多い数字が感染者数だと思うんですけどね

この数字っていうのは

何を意味してるかは分からないんですけども

一番大きい数字は韓国国内での感染者数だと思います

どこでどれくらいの人数はね

感染してるかっていうのは

もう しっかり数字が出てますので

色分けされているので多分

この数字と色がリンクしてるのかと思ったんですけど

そうでもなさそうですね

ここですね

これ何ですかね?

もう本当に翻訳がないんで分からないんですけども

こういう風に韓国国内の感染状況も

確認できるということなりますね

はい次ですね

事の発端となった中国

中国全域ですね

ほぼ赤くなっちゃってますけども

おそらくこれも77,000人

感染してますよっていうことだと思います

これも死亡とか治癒って読むのかな?

こういう風に出てるのでね

まあでもすごいねこれ 中国だけでも

こんだけのエリアに コロナさんが感染ね

蔓延してしまってるということなので

これからどんどんどんどんまだまだ

広がっていくんじゃないかなと懸念されるとこです

中国の推移を見てもここ漢字書いてて

死亡とかはわかるけど他がちょっと分からないんでね

今何とも言えないんですけども

こういったグラフもありますんではこれはあくまでも

参考程度に見ておいてください

はい次ねこれが世界になってますね

世界の感染状況な ん です けども

ちょっと広げてみると まあ

こういう風になってますけどね

もうほぼ中国を中心にした感染エリアになってますね

これは中国だけなのかなこのピンクの色は

どうなのかなと思うんやけどね

まあでもこのグラフ見るとすごいですね

もう すごい数の感染者が出てるような

雰囲気を醸し出してるねこれね

78950人ってことで

これだけ拡散性のある怖いウイルスであるって

言うことを自覚していただきたいと思います

もし自分がもしかしてって思ったら

近くのお医者さんに通うのもいいんですけども

できるだけね自宅から出ることを控えるっていうのが

大事かなとおっさん思います

最近大人引きこもら~になるわって言うてるけど

本当におっさんは外出てないので

何とも言えないんですけども

ちょっと自分が咳が止まらないとか

高熱が四日以上続くとか

インフルエンザの場合は2日

3日で熱が引くっていうのは見ましたんで

ただ4日以上高熱が続く場合は

今の時期コロナさんにかかってる可能性っていうのが

かなり確率的に上がっちゃうので

厚生労働省のホームページも

説明欄の所にリンク貼っておきますので

もし自分がまさか!と思ったら

こちらの方確認してください

分からないことはここにQ&Aってありますので

これを見ていただいたら

もしかしたら解決する質問と

回答があるかもわかりませんので

それを見ていただいてもいいですし

あと電話相談ですね

電話窓口が開設されてますので

平日 土日も全部やってますね

9時から夜の9時まで

しっかり時間も12時間やってくれてますし

電話もフリーダイヤルで開設してくれてますので

もしちょっと不安なこととかあれば

ここにお電話して指示を仰いでいただければ

いいかなと思います

おっさんも今んところはね

ほとんど家から出ないので咳も出てないですし

熱も出てないですし

まあまあ今んところは大丈夫なんですけども

こういう風に厚生労働省の方も

国内状況についてって

リアルタイムな数字も上げてくれてますので

こういう風なものもしっかり把握した上で

行動されるようにしてください

以上でこのサイトの説明終わらせて頂きます

令和のおっさん
令和のおっさん

最後に新型コロナウイルスの

感染症対策についても調べたで~

手洗いやマスク着用などの咳エチケットが基本となり

十分な水分補給で対策になるらしいから

しっかり実行しといてや~

今日の動画の説明欄には

めちゃくちゃ大事なこと満載に記載しとるから

しっかりと見といてや

 

引用元

日本国内での新型コロナウイルス感染症の患者数マップ
ArcGIS Dashboards
中国国内での新型コロナウイルス感染症の患者数マップ
ArcGIS Dashboards
WHO(世界保健機関)
ArcGIS Dashboards
新型コロナウイルス感染症について
新型コロナウイルス感染症について
友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします。
おっさんと友だちになると、おっさんの謎な部分が少しわかるぞ!

※注意:おっさんの謎を知るにはLINE登録が必須です。
こちらから 令和の反撃!LINEに事前にご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40929otuje

ID検索の場合はこちら▼
@929otuje(@もお忘れなく)

※もしLINEのアプリをインストールされていないのなら、iPhoneならAppleStore、
    Androidなら、google play storeで「LINE」と検索して、インストールしてください。

※インストールしたあとで、上記のURLをタップして、友達追加をしてもらえれば、完了です。


政治経済
スポンサーリンク
令和の反撃!あなたの番です
タイトルとURLをコピーしました